DM大賞とは

賞の種類について

(1)グランプリ 1点 すべての応募作品の中で、最も優れていると認められるもの(金賞の中から選考)
(2)金賞 4点 すべての応募作品の中で、優れていると認められるもの
(3)銀賞 8点 金賞の次に優れていると認められるもの
(4)銅賞 12点 銀賞の次に優れていると認められるもの
(5)審査委員特別賞 3点
  • データドリブン部門
    金・銀・銅入賞作品の中で、高度なデータ分析に基づいた施策の事例として最も優れていると認められるもの
  • クリエイティブ部門
    金・銀・銅入賞作品の中で、クリエイティブが最も優れていると認められるもの
  • 実施効果部門
    金・銀・銅入賞作品の中で、実施効果が最も優れていると認められるもの
(6)日本郵便特別賞 7点(予定) 「戦略性」「クリエイティブ」「実施効果」の三軸の総合点で評価する本賞とは別に、企業規模や用途に関わらず、キラリと光る魅力を持つDMを入選作品の中から選出・表彰するもの

DM大賞応募メリットとは

優れたDMにスポットを当て、DM業界にさらなる発展と活性を

マス広告と違い、受け取った人にしかわからない、いわゆる「閉じた」メディアであるDMは、具体的な事例が手に入りづらく、なかなかその効果や特性を知る機会がありません。それと同時に、緻密な戦略に基づいて制作されたDMが、ほとんど評価されることなく埋もれてしまっているのも事実です。

「全日本DM大賞」は、DMの入賞・入選作品を通じ、広告メディアとしてのDMの役割や効果を広く紹介するとともに、その企画制作に携わった優秀なクリエイターたちに評価の場を提供したいという想いのもと、1987年から毎年実施し、「戦略に基づいて制作されたDM」を評価する場を提供し続けています。

入賞企業の2社の声

クライアントから評価!

受賞作品を社内の制作実績としてクライアントに紹介。
コンペの際にも重宝していて、DMの受注増加に繋がりました。
DM大賞は広告主にも認知されており、お客様から「受賞おめでとう」という声をいただきました。
それが受賞を通じて、一番、感激したことでした。
(SP会社・社長)

DM予算が増加!

受賞後の様々なメディア露出が、社内報で掲載され、全社的に当部署の全日本DM大賞受賞の認知が広がりました。
それに伴い、社内の意識が、「とにかく安くDMを出す」から、「効果のあるDMを出そう」に変化しました。
予算的にもDM予算が増え、他部署からもDMについての相談が増えています。
(メーカー・宣伝担当者)

受賞作品はどのように発表されるのか

時代に合わせて変化するDM大賞

近年、購買履歴データを分析して近年、購買履歴データを分析して手法が主流になる中、第34回で「データドリブン部門」を新設。時代とDM戦略の傾向に合わせて部門を新設することで、DMの可能性を広く紹介し、業界の活性に繋げています。

各界を代表する実務家が作品を審査

審査委員長の恩藏 直人氏をはじめ、日本ダイレクトメール協会 専務理事の椎名 昌彦氏や、、アートディレクターの秋山具義氏など、各界を代表する実務家が作品を審査します。そのため、全日本DM大賞に対する業界内での評価・信頼は厚く、受賞企業にとってDM施策の強力な後押しとなるような評価が得られます。

入賞・入選した場合の効果

全日本DM大賞では、なかなか見えづらい戦略性や実施効果を含めて、応募作品を審査・評価します。作品が入賞・入選した場合、広告主にとっては顧客からの信頼が向上し、効果的なフォローにつながるだけでなく、制作社も自社のDM提案力をPRすることができます。さらに、入賞・入選した作品と審査のポイントを紹介する年鑑書籍の発刊を通じて、DMの成功事例を共有し、DM活用の活性化をはかっています。