賞に関して

賞の種類について

(1)グランプリ 1点 すべての応募作品の中で、最も優れていると認められるもの(金賞の中から選考)
(2)金賞 4点 すべての応募作品の中で、優れていると認められるもの
(3)銀賞 8点 金賞の次に優れていると認められるもの
(4)銅賞 12点 銀賞の次に優れていると認められるもの
(5)審査委員特別賞 3点
  • クロスメディア部門
    金・銀・銅入賞作品の中で、クロスメディアの事例として最も優れていると認められるもの
  • クリエイティブ部門
    金・銀・銅入賞作品の中で、クリエイティブが最も優れていると認められるもの
  • 実施効果部門
    金・銀・銅入賞作品の中で、実施効果が最も優れていると認められるもの
(6)日本郵便特別賞 5点(予定) 「戦略性」「クリエイティブ」「実施効果」の三軸の総合点で評価する本賞とは別に、企業規模や用途に関わらず、キラリと光る魅力を持つDMを入選作品の中から選出・表彰するもの
  • 応募作品は、マーケティングやDMの実務家、教育者及び主催関係者により審査・入賞作品を決定します。
  • 広告主と併せて制作者も表彰します。

ビジネスを活性化する全日本DM大賞

「全日本DM大賞」は、受賞された企業(広告主)、制作者のビジネスを活性化します。

テレビのようなマスメディアと違って派手さは少ないものの、カタチがあるダイレクトメディアとして、ビジネスシーンで大きな役割を果たしている「ダイレクトメール」。
「全日本DM大賞」では、ダイレクトメールを第三者からの客観的な視点により、評価し、表彰しています。
実はこの「全日本DM大賞」の受賞が受賞者のその後のビジネスに様々な効果をもたらしています。

例えば、受賞をきっかけに社外あるいは社内から、企画担当者やプランナーが評価を頂き、その後のお仕事を有利に進めているというお声をいただきます。
また、受賞を自社のWebサイトや広報誌などで発表し、顧客コミュニケーションに真剣に取り組んでいる姿勢を示す企業(広告主)もいらっしゃいます。

このように「全日本DM大賞」受賞を契機として皆様のビジネスをより一層盛り上げられるよう、今後も、雑誌や書籍、イベントなど、公の場で発表することで、多くの方々の目に触れ、受賞企業、制作者が賞賛されるように注力していきます。

入賞企業の2社の声をご紹介いたします。

◎クライアントから評価!
受賞作品を社内の制作実績としてクライアントに紹介。
コンペの際にも重宝していて、DMの受注増加に繋がりました。
DM大賞は広告主にも認知されており、お客様から「受賞おめでとう」という声をいただきました。
それが受賞を通じて、一番、感激したことでした。
(SP会社・社長)

◎DM予算が増加!
受賞後の様々なメディア露出が、社内報で期掲載され、全社的に当部署のDM大賞受賞の認知が広がりました。
それに伴い、社内の意識が、「とにかく安くDMを出す」から、「効果のあるDMを出そう」に変化しました。
予算的にもDM予算が増え、他部署からもDMについての相談が増えています。
(メーカー・宣伝担当者)

メルマガへのお申し込みはこちら

メルマガ登録する

第32回DM大賞へのご応募はこちら

応募はこちら

本アワードの最新情報は、全日本DM大賞のオフィシャルFacebookページで情報配信します。

PAGE TOP